【持ち帰りメニュー】『竹林亭』津田本店でうなぎ弁当・せいろ弁当をテイクアウトしてみた

2021年の夏の土用の丑の日は、7月28日水曜日ですね。
土用の丑の日に向けて、「うなぎ料理竹林亭」さんでお弁当をテイクアウトしてきました。

「竹林亭」の店舗は、北九州市には小倉南区津田本店、小倉南区守恒の鰻匠 竹林亭、八幡西区本城店、糟屋郡新宮町の新宮店があります。

今回は小倉にある、津田本店に行ってきました。

※注意 土用の丑の日当日は、席の予約、お弁当の予約はできないそうです。

駐車場情報・地図・営業時間

【住所】〒800-0242 福岡県北九州市小倉南区津田3丁目1−19
【営業時間】6月~8月 11時00分~22時30分(ラストオーダー 21時30分)
11時00分~22時00分(ラストオーダー 21時00分)
【定休日】年末年始のみ
【駐車場】あり

新型コロナウイルスの影響により、現在の営業時間は20時までみたいです。

外観・店内

今回は持ち帰りだったため、利用しませんでしたが
店内にはテーブル席とお座敷席があります。

子供用の椅子や赤ちゃん用のベッドの貸し出しもあるので、子連れでも利用しやすく有難いです。

持ち帰りのお弁当ができるのを待っている間にお茶が出され、ゆったりと待つことができました。

持ち帰りメニュー・値段・感想

持ち帰りメニュー・値段

うなぎ弁当の並、上、特上の違いは?

竹林亭のうなぎ弁当には幾つかサイズがあります。
違いとしては、うなぎの数が違うみたいです。
並は3切れ、上は4切れ、特上は6切れ入っているそうです。

うなぎ弁当、せいろ弁当の感想

今回は『うなぎ弁当 特上』と『せいろ弁当 特上』をテイクアウト

『うなぎ弁当 特上』値段:2,300円

臭みは全くなく柔らかい鹿児島産の鰻でした。
お店で食べるのと同様に程よい焼き加減が香ばしく、美味しかったです。
甘めのタレでご飯50杯は食べれてしまいそうです。

『せいろ弁当 特上』値段:2,650円

鰻が本当にふわっふわ!
秘伝のタレで味付けし、せいろで蒸されたご飯は
少しモチっとしていて美味しかったです。

店内メニュー・値段

前回、店内で食べた時は『かば焼き 特上定食』と『うなめし』を食べました。

『かば焼き 特上定食』値段:2,800円

『うなめし』値段:2,100円

まとめ

子連れでお弁当を買いに行ったのですが
店員さんはとても親切にしてくれたりと
『竹林亭』は、いつ行っても大満足なコスパ最高のうなぎ屋さんです。

夏の土用の丑の日当日は、予約はできませんが
常に料理をすぐに出せるよう準備をしているらしいです。
しかし、毎年すごく混むらしいので待ち時間がありそうですね。

余談ですが、竹林亭津田本店はクレジットカード払いができません。
毎回、お財布の中にお金入ってたかな…?と心配になり確かめてしまいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。